スラムダンクという漫画の話


舞台は神奈川の湘南です。
不良の桜木花道がバスケットをしていく中で人間的に成長していく物語です。
最初は一目惚れをした子がバスケットが好きだったので、バスケットをするという流れになったのですが、その中で不良だった元MVPの三井寿とか、停学中で学校に来ていなかった宮城リョータとかキャプテンの赤剛憲と一緒に沢山の強いチームと戦いながら湘北というチームは勝っていきます。
でも勝つだけではなくて、神奈川で一番強い海難大付属というチームと戦った時には負けました。
自分も「(主人公補正とかで)勝てる」と思ったのですが、その主人公が相手チームの1人を自分のチームのキャプテンと間違えるというパスミスをして負けました。
そこで主人公は頭を坊主にします。
その後も、主人公はシュート下のゴールしかできなかったのですが他の選手は合宿でいなくなっているけれど、主人公だけ残ってジャンプシュートを身に付けます。
陵南との試合ではキャプテンでもなく三井寿やリョータでもなく、あまり出番のない向こうの監督からさえ『不安要素』と言われていた副キャプテンが全国行きの最後のシュートを決めたのが印象的でした。
そして、最後には湘北という無名のチームが王者の山王というチームに勝つのですが、その時に最初に主人公からパスを出して、初めてライバルの流川楓という選手から主人公にゴールの所でパスをされて最後にシュートして得点が入った後の二人のとハイタッチしているシーンがとにかくかっこいいと思いました。
バスケットの王道漫画なんじゃないかと自分の中では思っています。
負けた方の山王の監督の「負けた事がいつか財産になる」という言葉も印象的で好きでした。
結末が分かっていても何度も読みタックなる漫画です。