単身赴任で身につけた節約と貯蓄の方法


わたしは2年前から単身赴任をしています。もちろん、家族との二重生活であり、かなりお財布としては厳しいものであるのは言うまでもありません。

だからこそ、自分なりの節約方法や貯蓄方法をみにつけることができました。いくつかに分けてご紹介します。
まずは情報収集です。新聞ですが購読するにしても単身赴任先と自宅の2件はナンセンスです。

新聞もデジタル版でフル紙面であっても、無料で読むことができる新聞があります。ビジネス誌も同じくということでこれだけで毎月5000円近い節約です。情報収集についての2つ目。それがスマートフォンと固定回線インターネットです。

スマートフォンを格安スマホに変更して、さらにインターネット回線をモバイルWifiルーターの使いたい放題プランを選ぶだけで、これも5000円近く節約になります。要するにこの新聞とインターネット、スマホだけで10000円近い節約になるわけです。

さらに食費です。これは節約しながらも栄養のバランスを考えねばなりません。だからこそ、牛乳やヨーグルトなど一人で食べきれる範囲で大容量のものを購入して少しずつ食べることにしています。野菜はなんといっても自宅でも栽培できるものがあるのでベランダで作っています。

外食を控え、白いご飯は冷凍することで極力自宅で食べることにしています。お惣菜を少し買ってくるだけでもかなりの節約になります。そして何よりも昼食です。毎日、自分でおにぎりをつくって職場に持っていくだけでもかなりのコストダウンです。昼食で毎日500円近く節約になったとすると毎月10000円近い節約。さらに夕食のコストダウンを考えると食費だけで20000円近くの節約です。

ここまで、情報収集と食費で30000円近い節約を果たしたことになります。そしてこれからが問題です。いかに貯蓄にお金を回すかです。これは一般的なことですがとにかく給与天引きしかありません。自分の手元やすぐに下せる口座にお金があるとどうしても使ってしまうからです。できれば、通帳もカードも自分の手元に置かず、家族のもとにおいておくような口座にしてしまうのが一番いいでしょう。一人暮らしでは誘惑も多く、どうしても使ってしまうことになりかねません。