京極堂トリビュート・神社姫の森


分厚くて読んでいるだけで手首が疲れてしまいそうなのに、好きな人は憑りつかれたように読んでしまう京極堂シリーズ、最近は残念ながら新作が出ていないのですが…。

先日びっくり京極堂のイメージそっくりなイラストの表紙の、文庫本を発見しました。

「うわ、似てる…」と思って手にして読み始めてさらにびっくり、なんと京極先生公認トリビュート作品のシリーズの一冊で、ご本人公認ライトノベルシリーズという雰囲気のものがすでに10冊もでており、こちらもその一冊でした。

この作品は魍魎の函をベースにしており、その中で死んだはずのとあるキャラが生きている、しかも絡新婦の理でのキャラクターと絡んでおり、その一方事件外の日々を送るレギュラーキャラクターの日常的物語を詰めたようなお話でした。

一部このキャラクターのしゃべり方とか、考え方とが違うんじゃないかなという個所も見受けられるのですが、試みや世界観は楽しみめるので、京極堂シリーズの新作が読みたい!という方でしたら、一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

シリーズの中では、設定だけ借りているまったく別次元風のお話もあるみたいですので、そちらも探して読んでみたいと思っております。