妖しのセレス


結構昔の漫画なのですが、好きな漫画があります。

それは渡瀬悠宇の「妖しのセレス」という作品です。

天女伝説をテーマにした現代もののお話です。

主人公の御影妖は、双子の兄、明と両親の4人で暮らしていました。

見た目は結構派手な感じ。

でも、実は御影家は代々続く歴史ある一族です。

そのため16歳の誕生日に、本家で慣例を行うということになり、家族で本家に行くこととなります。

すぐに終わると思っていたのに、まさかの事態が起きるなんて、妖も明も思っていませんでした。

本家に行くと、一族が総出で出迎えてくれます。

誕生日パーティかと思っていた妖と明は、その異様さに気づくのですが…。

そんな二人の目の前に差し出されたものは、ミイラの腕でした。

それを見た瞬間、妖の見た目が変わります。

また明も全身傷だらけの状態に…。

実は御影家は天女の松會。

始祖と呼ばれる御影家の始まりである男の姿に変わった明。

そして、妖は始祖の妻であった天女セレスの姿になったのでした。

セレスは過去何度も蘇っていました。

娘の体を借りて、この世に戻ってくる理由は、御影家が奪った天女の羽衣を返してもらうため。

それがなければ天へと帰ることができないからです。

しかし、こうして蘇るたびに、その場で殺されてしまっていたのでした。

完全に蘇るのは初めてのこと。

そのおかげと言っていいのか、妖はなんとかその場から逃げることができました。

16歳の誕生日をきっかけにこうして人生が大きく変わってしまった妖…。

ありえない展開ですが、神話が好きな私はこの物語にハマってしまいました。

また、妖が恋する謎の男、十夜も見た目がかっこよく、記憶喪失というミステリアスな設定も、より一層気にさせる存在でした。

アニメ化もされたこの作品、みんなにも知ってもらいたいです。