「ロスジェネの逆襲」を読んで感じたのは――

「ロスジェネの逆襲」という本の一番の見所は主人公である半沢の「生き様」です。彼の銀行員人生は、前回のシリーズで意味不明な出向を言い渡され閉ざされてしまい、私はこの本を読み終えるまで、疑問を持ち続けたままでした。 なぜ、銀行の窮地を痛手を負いながらも救った彼に、出向を命じたのか。 それが今回のキーポイントとなるようでした。 出向させられた子会社である証券会社でも、半沢は「出世」とそれにからみつく人間の汚さをここでも見るこ... Read More